お問い合わせ
header bar
ポリッシュコンクリート

エルエックスはポリッシュコンクリート[POLISH CONCRETE]をご提案します。

ナチュラルな「スーパーフロア [SUPER FLOOR]」 と 無限なデザインの「テラゾー [TERRAZZO]」

テラゾーとは

普通コンクリートそのものを磨き上げるスーパーフロアとは異なり、普通コンクリートにオーバーレイされた普通コンクリートを作るポルトランドセメントやホワイトセメントに、選定の骨材・顔料(色粉)を混合させたコンクリート30~40㎜(含む下地モルタル10㎜)のもの、また、進化型として無機系セメントとは異なる、クラック発生量が極めて少ないエポキシ樹脂系の基材で混合させた約10㎜のものを研磨する工法がテラゾーです。
同一の床にて自由な目地配置により色分けが自在となり、絵や文字を描くことも可能です。その高い意匠性は無限なデザイン性と重なり様々な空間を演出することができます。*但し工業床としては採用できません。


テラゾー施工事例

【大型駅前施設】

2013年4月26日、JR大阪駅北でグランドオープンした複合ビル群「グランフロント大阪」にて、同施設の中心施設である「ナレッジキャピタル」一階ナレッジプラザ・創造のみち3、384㎡の床仕上げ工事においAて、当社は研磨工程を担当させていただきました。
アジアの拠点として世界発信される同施設のコンセプトは「人と人が出会って新しいもの・ことが生まれる」であり、水面の波紋が響き合っているようにとデザインされましたが、その具現にあたり、同施設では国内で高い意匠性が求められる場合に多く用いられる大理石や御影石などの石貼りではなく、世界標準でもあるテラゾー方式の「Concrete Polish」が採択されておりました。

多くの皆様のご支援があり、そして、日本のコンクリート床面に新たないのちを吹き込むことが当社の役割であるとの自覚により、このプロジェクトの参加へと繋がりました。

当社は「グランフロント大阪」施工で体得した、新たな視点と深化した技術をこうした商業施設に留めることなく工業施設・自動車販売施設・医療施設・教育施設など、その他様々な施設での「床仕上げ工事」及び「床下地処理工事」に活かせるように努めてまいりたいと存じます。



ページトップへ戻る